「わっしょい市民パフォーマンスステージ2015」川田まみさんの出演が決定!!

8月2日(日)の市民パフォーマンスステージのプログラムの1つ、アマチュアアニソンシンガーの頂点を決定する

「北九州アニソンコンテスト2015」

このイベントのゲストとして、アニソンシーンで活躍を続けるボーカリスト、川田まみさんが登場します!ゲスト審査員としてのみならず、スペシャルライブも開催予定!8/2(日)14時から、勝山公園特設ステージ(屋外)にて、観覧は無料です!

 

kawada_gardens_Asha-s


 

【 川田まみ 】

北海道を代表する音楽クリエイター・チーム〈I’ve〉に所属し、数々の大ヒット・アニメ作品の主題歌を担うディーヴァとして、アニソン・シーンに不動の地位を築き上げてきた川田まみ。2005年に『スターシップオペレーターズ』主題歌「radiance」でメジャー・デビューを果たして以来、
約10年に及ぶ活動の中でトランス、ドラムンベース、オルタナティヴ・ロック、EDMなど幅広い音楽性を志向。エッジィなデジタル・サウンドを乗りこなす華麗でエモーショナルな彼女の歌声と存在感は、まさに唯一無二と言っても過言ではないだろう。
2005年の『灼眼のシャナ』主題歌「緋色の空」や、2007年の『灼眼のシャナII』主題歌「JOINT」では、ギター・サウンドを全面に押し出したデジタル・ロック・サウンドでパワフルに『シャナ』の世界観 を描き出すと同時に、川田まみ独自の音楽性を確立。
熱狂的な支持を獲得する。大ヒットとなった『とある魔術の禁書目録』シリーズでは「PSI-missing」「masterpiece」「No buts!」「See visionS」 といった大ヒット主題歌を連発。

中でも「No buts!」はオリコン週間チャート6位を記録。最新鋭のビートと攻撃的なデジタル・サウンドを融合させたこの曲は、川田まみのクールなボーカリゼージョンと融合し、彼女の新たな代表曲となった。
その後も、印象的なギター・リフとドラムンベースのビートを融合させた『ヨルムンガンド』主題歌「Borderland」を発表。
そして2014年には『東京レイヴンズ』後期EDテーマ「Break a spell」で、進化を遂げた〈I’ve sound〉の尖鋭的な音楽性と共に、シーンに川田まみの存在感を改めて誇示してみせた。
また、デビューからほどなくして作詞家としてもその頭角を現し、持ち曲のほとんどを自ら作詞している。さらに近年は三澤紗千香、Rayに歌詞を提供。作品性、そしてシンガーのイメージに寄り添った世界観を豊富な情感と語彙を織り交ぜた歌詞にして提供している。
ライブでは、2012年から若手の女性プレイヤーのみで構成されたガールズ・バンドを率いて、自らもギターを持ちロック・スピリットに溢れたパフォーマンスを展開。攻めの姿勢を崩さない活動に、多方面から注目が集まっている。大人の色気を湛えたI’veの看板シンガーとして、
そしてこのアニソン・シーンを革新させる美しきディーヴァとして、これからも彼女の躍進は続く。


 

暑い夏に熱い歌声!
8月2日(日)は是非、勝山公園大芝生広場にご来場ください。