2018年8月4日・5日開催
開催まで

KESA
アンサー倶楽部
ワークナイン

大里電照山笠
「大里電照山笠」で打ち鳴らす大里太鼓は、奉納太鼓として遠く一千年前、戸上神社鎮座の頃から始まったとされています。
明治の中頃、太鼓の名人広光宮司が神殿で奉納する太鼓が人々の好感を呼び、春・秋の大祭が盛んになりましたが、昭和の一時期とぎれていました。

昭和 46 年地元の人々の懐旧の情から郷土芸能として復活し、昭和 61 年から大里太鼓を乗せ、今日のように華やかに電照されるようになりました。

大里電照山笠振興会
 


夏まつり大集合

夏まつり大集合

小倉祇園太鼓